ぬこモフ

猫に関するまとめサイト。猫GIF、猫動画、猫の飼育、里親募集、殺処分ゼロへの取組み、TNRなど猫に関する情報を発信しています。

   ● 【ライトノベル】吾輩は猫になっちゃった(仮 第23話
   ● 【ライトノベル】吾輩は猫になっちゃった(仮 第22話
   ● 【ライトノベル】吾輩は猫になっちゃった(仮 第21話
   ● 【ライトノベル】吾輩は猫になっちゃった(仮 第20話
   ● 【爆笑】厳選!猫パンチGIF特集(猫GIF動画5枚)


【ライトノベル】吾輩は猫になっちゃった(仮 第23話

<<これまでのお話>>

はじめに


第1話><第2話><第3話><第4話><第5話

第6話><第7話><第8話><第9話><第10話

第11話><第12話><第13話><第14話><第15話

第16話><第17話><第18話><第19話><第20話

第21話
第22話


<<第23話>>

 緑雲荘を後にして、僕たちはミミさんたちの住む家へと向かった。

ミミさんを先頭にして子供たち、僕が最後尾と縦列体系になって森を進んだ。

ところどころ深い雪があったが、ミミさんが雪をかき分けてくれるので小さい僕らは雪に埋もれることなく歩くことができた。

 

 靴も靴下も履いていないので、敏感な肉球はとても冷たいし寒かったが、歩いているうちに体が暖かくなってきた。

ミミさんの子供たちは1人が男の子、1人は女の子だった。

「僕ね、チョビ。よろしくねお兄ちゃん。」

「私はね、プリンだよ。チャップリンっていうとっても有名な人間の名前から取ったんだって。」

なるほど、二人とも僕と同じハチワレ模様だが口元にちょび髭のような模様がある。

「僕は創・・・、あ、いや、ココアだよ。よろしくね。」

あやうく人間の時の名前を言いそうになった。

 そういえば創太という名前は父ちゃんが命名した。親父曰く、未熟児で生まれた僕に太くたくましく生きてほしい。という願いと、創造力のある人間になって欲しいという願いを込めたんだそうだ。

「ココア?どういう意味?」

「うんとね、ココアって言うのは人間の飲み物だよ。あったかくて甘くて美味しいんだよ。」

「へぇ。プリンもココア飲んでみたいなぁ。」

するとミミさんが後ろを振り向いてたしなめる。

「だめよ。人間の飲み物は怖いんだから。お父さんも人間の飲み物を飲んで何度死にそうになったことか…。」

 下を向いてフーっとため息をついた。

「一体何を飲んだんですか?」

ミミさんは上を向いて思い出すように

「そうね。白い泡のある黄色い飲み物とか、鼻にツーンとくる熱い飲み物とかかしらね。」

と言った。

 ミミさん。そ、それは恐らくビールと熱燗ですね…。そりゃ人間でもアル中になるくらいだから猫がお酒なんか飲んだらやばいだろうなぁ。

「美味しそうにおじいさんが飲むものだからくれくれ!って。おじいさんはこれは人間の大人の飲み物だ!って結局くれなかったのだけど、おじいさんが見てないうちにコッソリ飲んだのよ。」

「おじいさん?」

「そう。人間のおじいさんで、私たちの飼主さんよ。」

「へぇ。おじいさんが飼主なんだぁ。」

「サクラさんのところのおじいさんともとっても仲が良くて、よく一緒にあのツーンとする飲み物を飲んでいたわね。」

「そうなんだ。」

じいちゃんと仲良しのおじいさんがミミさんたちの飼主らしい。じいちゃんと仲良しだったおじいちゃんがいたのか。そう言えば僕はじいちゃんやばあちゃんがこの登別の地でどうやって生きてきたのか母ちゃんやママには多少は聞いたものの、全くもって知らなかったことを痛感した。

 

 やがて森は上り坂になり、しばらくして坂を上りきるとそこは尾根になっているらしく、視界が一気に開け、登別の温泉街が広く見渡せた。向かい側の傾斜にはロープウェイがあり、眼下にはホテルが軒を連ねているのがわかる。ホテル街はザ・温泉街。という感じだ。
「お兄ちゃんあそこがおうちだよ!」
その中に古びた茶色いタイル張りの5階建ての温泉ホテルが見えた。
なるほど、ママが大きな人間の巣。と例えたのがわかる。

看板には「ホテル多吉」と書いてある。

「…オオヨシ?…タキチ?…かな?」

いずれにせよちょっと昭和で古風で幸多そうなネーミングだ。

「着いた着いたー!」

チョビとプリンが駆け足でそのホテルに向かって雪の中をピョンピョン飛び跳ねるように走り出す。

子猫のその少しぎこちない走り方やピョンピョンとした飛び跳ね方は僕の猫目線で見ても可愛かった。僕がそれにキュン!としている間もなく

「こらっ!ママから離れたらダメでしょ!」

ミミさんが二人の後ろからまるで豹が獲物を狩るように大ジャンプをして飛びつき、両手で動けないようにガッチリと二人をヘッドロックをした。

僕が「ダブル二ーブラ!」とツッコミを入れたその刹那、僕は同時に母ちゃんのことを思い出していた。
※二ーブラ!はこれ。⇒
https://youtu.be/95CC2DYsjz0


 小学1年生の時。誕生日に買ってもらった自転車を覚え、喜んで家の周りをグルグル回っていた時だ。

父ちゃんが「創太!手振って!」とか「笑って笑って!」とご自慢の一眼レフカメラ片手にグラビア撮影のカメラマンよろしく僕に色々指示をしていた。僕はブルブル震えるハンドルを必死に操作しながら、自転車という乗り物を自分の力で運転している!という実感でめちゃくちゃ高揚していた。しかし、しばらくして。後ろから大きなトラックが来たと思った瞬間だ。ブレーキを強く握るもうまく効かず、逆にそのことによってハンドルが取られ、自転車が車道へと向かって行った。すると、それまで視界にいなかったはずの母ちゃんが「あぶない!」とどこからか飛び出してきて僕の首根っこと自転車両方をものすごい力で掴み、道の脇へと引き戻したのだった。

「何してんのよ!危ないじゃない!死ぬかもしれなかったでしょ!」母ちゃんが近所にも聞こえるような大声で僕を叱った。そして僕だけじゃない。父ちゃんもめちゃくちゃ怒られて、その日は僕と父ちゃんの大好きなすき焼きだったにも関わらず、まるでお通夜のような夕食を迎えたのだった。

 

 これが猫のしつけなのか…。母は強しとは人間も猫も同じなんだな…。

そんなことを思いながらミミさんと母ちゃんを重ねていた。

「ごめんなさーい。」

二人はシュンとしている。

「森は怖い動物がいっぱいいるんだから気を付けないとダメでしょ!」

「はーい…。」

反省している様子を見てミミさんが二人をリリースする。

「ところでミミさん、怖い動物って何なんですか?」

「そうね…。犬とか熊とかキツネとかね。それと上からいきなり襲ってくる大きな鳥とかもいるわよ。」

「ええええええ!!!!」

やっぱいるんすね…。熊。そりゃぁ北海道ですものね…。それにキツネとか鳥も危険なのか…。鳥ってのは猛禽類とかそのたぐいでしょうね…。

「お兄ちゃん、知ってるの?」

「うん。やばいよー。あいつらに襲われたら絶対死んじゃう。」

ここでそんなのに襲われるわけにはいかない。人間の体なら致命傷で済むかもしれないけれど、きっとこの子猫の体じゃひとたまりもない。こりゃ注意しないといけませんわよ!

 僕たちは改めて隊列を組みなおして先ほどよりも注意深く、辺りを見回しながら、頭を低くして、なるべく小さな声でしゃべりながら山を下りて行った。

 

 山を下りきると、「登別ホテルグランデ」というピカピカで豪華なホテルがあった。そのホテルの裏手から駐車場の脇をすり抜けるとメイン通りに差し掛かった。
ここを渡れば目的地のホテル多吉だ。

 午前中とはいえ、車も走っているし、宿泊客もスマホで写真を撮りながらワイワイ歩いている。

 僕らはメイン通りを渡るチャンスを駐車場の垣根の中から窺っていた。

なかなか人も車も途切れる雰囲気もなくやきもきする。

「そっかぁ。猫には安全に渡れる横断歩道はないわけね…。」

日本の車社会といものは、人間にとっちゃ便利だけども動物にとっては迷惑極まりないものだなぁと痛感する。これは猫になって初めて気づいた視点だ。それに僕たち子猫にとっては10メートルくらいであろう道幅がまるで100メートルくらいに見えるのだ。
 一体全体、全力疾走で何秒で渡り切れるのか…。ウサインボルトが出した世界新記録は100メートル9秒63だよねぇ。子猫がこの道を9秒63で渡り切ったら子猫新記録かな…。そんなおバカなことを考えている時だ。

「今よ!」

ミミさんがいきなり走り出した。プリンもチョビもそれに続いて走り出す。

おバカなことを独り妄想していた僕は一瞬出遅れた。

「待ってよ!みんな!」

急いで追いつこうと思うも寒さのせいか足がもつれる。そして僕は凍結した路面に見事に足を取られて滑っていく。

そして視界の右側には迫りくるトラックが。

「これ。どっかで見た風景だな…。」

急に周辺の景色がスローモーションになった。

そして僕の意識はそこで途絶えた。



次話⇒<第24話

※本作品は小説投稿サイト「小説家になろう」に同時投稿しています。
http://ncode.syosetu.com/n2762de/

吾輩は猫タイトル画像
 

【ライトノベル】吾輩は猫になっちゃった(仮 第22話

<<これまでのお話>>

はじめに


第1話><第2話><第3話><第4話><第5話

第6話><第7話><第8話><第9話><第10話

第11話><第12話><第13話><第14話><第15話

第16話><第17話><第18話><第19話><第20話

第21話


<<第22話>>

お皿をペロペロと舐めていると綾さんがこちらの様子を見た。

「サクラちゃんもココアくんも、食べ終わったみたいね。」

「いや、まだ終わってません!」

僕はお皿を舐め続けた。

「じゃぁ、みんなでごちそうさましましょうか。ごちそうさまでした。」

「ごちそうさまでした。」

「ごちそうさまでした。」

綾さんの号令でおばさんもママもごちそうさまと言ったのだが、僕はまだごちそうさまと言いたくなかった。

「まだ食べ足りないのかな?ココアくん。でもね、もう終わり。ほら。片づけるよ。」

と言って綾さんがお皿を取り上げようとする。僕は綾さんの手にしがみついた。

「待ってよ、綾さん!まだ終わってないって!」

このお皿が片付いたら作戦が始まるのだ。まだ心の準備ができてない。僕は綾さんの手に噛みついた。しかし歯が生え始めたばかりの僕の噛みつきは綾さんには全然効いていなかった。

「うふふ。ココアくん、そんなに美味しかった?」

僕はお皿を取り上げられまいと必死に抵抗した。するとその時

「坊や!…やめなさい。」

ママがはじめて聞く大きな声で言ったので、驚いて振り返る。ママは目に涙を浮かべながら僕の方を見つめていた。

 

 こんな泣きながら怒る顔はどこかで見たような気がした。

そうだ。母ちゃんだ。一度だけ僕に泣きながら怒ったことがある。それは親父が亡くなって火葬場で親父の棺が炉に送り込まれる寸前。

「やめてくれよ!お父さんを焼かないで!」

と棺にしがみついて抵抗する僕を泣きながら一喝したのだ。

 その時の母ちゃんの顔にそっくりだった。

 

「ママ…。」

ママも悲しいのを我慢しているのだ。それを悟って僕は綾さんの手から離れた。

そしてフーっと息を吐いてから言った。

「ごちそうさまでした。」

ママが目に涙を浮かべながら微笑み、僕の顔を暖かい舌でやさしく舐めてくれた。

 

「さ、片づけも終わり!二人ともこっちにおいで。」

食器を片付け終わった綾さんが足湯のベンチで僕らを誘うように膝を叩いた。

 

その時、足湯の向かい側に僕とよく似た白黒模様の親猫1匹と僕と同じくらいの子猫が2匹現れ、5メートルほど先で止まった。

「サクラさん、来たわよ。」

「ミミさん、ありがとう。恩に着るわ。」

「いいのよ。おじいさんとおばあさんには私も色々お世話になったからね。」

ママはその親猫と言葉をいくつか交わすと僕の方を向いて

「さぁ、坊や、行きなさい。」

と僕をその親猫の方へ行くようにゆっくりと鼻で指した。

「うん…。」

僕はゆっくりとした足取りでその猫たちの輪の中に入った。

「あなたがココアくんね。よろしく。」

「おにーちゃんよろしく。」

「あとで遊ぼうね!」

母猫は僕の顔を舐め、子猫たちは僕に懐っこく絡んできた。

「もしかしてココアくんのお母さんと兄弟!?」

「そうなのかい!そっくりねぇ!」

綾さんとおばさんがその様子を見て頷く。

「迎えに来たのね。」

「良かったねぇ。お母さんたちに会えて。」

いや、違うんだよ。僕を産んで育ててくれたのはママなんだ。そう綾さんたちに言いたかった。

「坊や、がんばりなさい。応援してるわ。」
ママは笑顔でそう言って僕を勇気づけてくれた。 

「ママ。ありがとう。産んでくれて。育ててくれて。絶対また会いにくるから。」

「うん。待ってるわ。」

「ママ。元気でね!それと、綾さん、おばさん。ありがとう!」

それぞれの顔を見てそう言うと

「あいさつは済んだ?それじゃぁ行きましょうか。」

と親猫のミミさんに誘われて僕らは森へと歩き出した。

「坊や!振り返らずに行きなさい!あなたなら必ずできるわ!」

「ココアくーん!またね!元気でね!」

ママと綾さんの声が背後から聞こえる。振り返りたかったが、振り返ったら心が負けてしまいそうな気がして僕は涙を堪えてそのまま歩き続けた。

 

 森の中に入り、綾さんたちの視界には入らないであろうところからママや綾さんたちの様子を見ていた。綾さんはママと何やら話をしながら、ママをしばらく撫でていたが、やがて足湯から足を出してタオルで拭うと、荷物を抱えておばさんと軽トラックへ歩いていく。ママもそれにソロソロと付いていくと、綾さんの後ろからスルリと助手席に飛び乗った。

 後ろの窓から綾さんとおばさんが顔を見合わせて言葉を交わしているのが見える。ママを連れて行くのかどうか相談しているのだろう。

 そしてしばらくすると、エンジンがかかり、綾さんが助手席のドアを閉めると軽トラックはママを乗せたままゆっくりと走り出した。

「良かった…。ママ…。元気でね。」

軽トラックが見えなくなるまで僕は見送った。

 

 

 昨日の晩、僕とママはこれからのこと、そして作戦について押入れの中で話し合っていた。

「あなたはやっぱり1人で行きなさい。」

「え?なんで?一緒に行こうよ。」

「あなたはとても小さいし、守ってあげたいけれど、あなたには知恵も勇気もあるわ。それに、私は猫としてはもうおばあさんだからこの先あなたの足を引っ張ってしまうかもしれない。」

「そんなことないよ!」

「ううん。私も衰えてきたのは自分でもわかってるから。この前の検査もね、あまり良くなかったみたいだし。」

「嘘だよ!そんなの!綾さんは問題ないって言ってたじゃん!」

「いいから。聞いて。これはあなたの試練なの。あなたが自分の力でやり抜いてこそ神様も認めてくれるんじゃないかしら。」

「それは…そうかもしれないけど…。じゃあママはどうするの?ここにいると綾さんに負担になるし、ばあちゃんはもう帰ってこないんだよ?」

「分かってる。だから私は綾さんのお母さんのところに行くわ。」

「おばさんのところに?」

「綾さんのお母さんね、きっと猫を飼ってるの。」

「そんなこと、なんでわかるの?」

「服に猫の毛が付いていたし、それにあの撫でてくれるときの手つきは猫が好きな人間のものよ。」

「そうなんだ…。」

「そうよ。」

「でも、僕がいなくなると綾さん心配するよね。」

「それはね。良いアイディアを思いついたの。」

「良いアイディア?」

「そう。あなたのようなハチワレ模様の猫でね。ミミさんっていう猫がこの先の大きな人間の巣に住んでるの。ミミさんにはちょうどあなたと同じくらいの子供たちもいてね。綾さんに、ミミさんがあなたの本当のお母さんだと思わせるのよ。」

「なるほど…。」

ママや綾さん、おばさんと離れるのは辛かったが、猫神様との約束を考えると前に進むしかない。僕には苦渋の決断だったが、そうするしかないのかもしれない。

「そうと決まれば、私はミミさんにお願いしに行ってくるわ。」

「うん…。」

 

 

 こうして、作戦は無事に成功し、僕はママと綾さんと別れた。

「これも1つの試練だったのかな。」

そう思うと自分が少しだけ大きくなったような気がした。

 

そして僕の新しい試練が始まる。



次話⇒<第23話


※本作品は小説投稿サイト「小説家になろう」に同時投稿しています。
http://ncode.syosetu.com/n2762de/

吾輩は猫タイトル画像
 

【ライトノベル】吾輩は猫になっちゃった(仮 第21話

<<これまでのお話>>

はじめに


第1話><第2話><第3話><第4話><第5話

第6話><第7話><第8話><第9話><第10話

第11話><第12話><第13話><第14話><第15話

第16話><第17話><第18話><第19話><第20話


<<第21話>>



 その晩も翌
朝翌晩も、おばさんがごはんを作って持ってきてくれた。

「今日も大事をとってピンチヒッターお母さん。」

なんだそうだ。

しかし、別れ際におばさんが

「今日から綾もお休みでうちに泊まることになってるし、明日の朝は綾と一緒に来るわね。」

と言ったことで、早くも僕らの作戦の決行が決まった。

 

 翌朝。いつもママに起こされるのだが、その日はなかなか寝付けずママよりも早く起きていた。いてもたってもいられなかったからだ。そして早起きした分、尿意も早くやってくる。

「うぅー。トイレ行きてぇ…。」

チラリとママを見るが、ママはまだ寝ている。ママを起こして下に降ろしてもらうか悩んだが、これから先のことを考えると、ママに頼ってばかりもいられない。押入れの2段目から自分で降りたことはなかったが、なんとか1人で降りてみることにした。

 

 下を覗きこむと子猫視点ではやはり結構高い。

「どうやって降りようかな…。ここはやっぱり、猫らしく頭から…。いや、それは怖いだろー。まだ手も短いし絶対あごとかぶつけそうだよなぁ。やっぱお尻からかな…。こうやって。」

と降りるイメージをしながらああでもないこうでもないとウロウロしていた時だ。僕は不意に後ろ足を踏み外してしまう。

「あぶねっ!」

 瞬間的に両手で目の前にあるタオルケットを掴む。

 
 猫の手というのは人間のそれとは違って、関節が少ないし、しかも親指がない。いや、まぁあるって言えばあるんだけれどまったくと言って良いほど機能しない親指の跡みたいのしかない。そんなものだから人間や猿のように物をギュっと掴むのが難しいのだ。だが、その代わりに物を掴むように指に力を入れようとすると、爪が飛び出すのだ。
「おぉ!すげ!ナイス爪!」 
爪がタオルケットにガッシリと食い込み、僕はタオルケットにぶら下がった状態になる。 

「ふー。危なかったー。…って降りようとしてたんじゃないのか。ふはははは。」

と安堵したのも束の間。タオルケットが僕の重みで落下し始める。

「マジかーぁぁぁぁ!」

 

 こういう事故的な瞬間というのは一瞬の出来事なのに僕には何故か時間がゆっくりになって、スローモーションに映る。この瞬間に人は走馬燈というのを見るのだろう。僕の場合はただ、まわりの景色がスローモーションになるだけだけれど。僕が自転車でコケてトラックに轢かれたときもそうだったし、湖でおぼれたときもそうだった。そして今も。

 

 周りの景色がゆっくりと上に向かって流れていく。つまり僕は落下しているのだ。創ちゃん絶対絶命。

「これ…。また死ぬのか…。」

と思った次の瞬間、僕は尻餅をついた。

「痛っ!くない…。それほど。」

実際は一瞬スルッと落下しかけたものの、タオルケットと共にゆっくりズルズルと下に降りただけ。だったようだ。

「あーびっくりした。なんだなんだ。そうかそうか。うんうん。なるほどなるほど。」

誰も見ていないだろうけれど、死を覚悟した自分に少し恥ずかしくて照れ隠しをする。

 

 こうして畳の床に無事着地した僕は、次の難関である階段を一段一段なんとか下り、キャットスルーをくぐり抜け、トイレをマッハで済ませた。野犬やいつ冬眠から覚めるかもわからない熊が怖かったからだ。急いで旅館の中に戻ると、あの玄関のコルクボードの写真や寄せ書きを眺めていた。じいちゃんやばあちゃんやママの写真を見ていると、こみ上げてくるものがあったが、ぐっと堪えた。それにじいちゃんもばあちゃんも天国で応援してくれているに違いない。

「見守っててね、じいちゃん、ばあちゃん、親父。」

 

 部屋に戻ろうと踵を返すとママがすぐ隣にいたのでびっくりする。

「うわぁ!…いたの、ママ。」 

「坊や一人でできたのね。」

「うん。いつまでも甘えてられないし。」

「そうね。でも、もっと甘えて欲しいのだけれどね…。」

ママは少し寂しそうな顔をしたように見えた。

そして二人で並んでコルクボードの写真を眺めていた。

しばらくすると外から声が聞こえる。

 

「サクラちゃーん、ココアくーん。ごはんだよー。」

「サクラー、ココアー。」

綾さんとおばさんの声だ。

「綾さんたち来たみたい。さぁ。行きましょうか。」

ちょっと名残り惜しかったが、ママの先導で足湯に向かう。


 足湯のところでは、綾さんとおばさんが食事の準備をしていた。

「おはようございます。」

「おはよう。綾さん、おばさん。」

二人のもとへ小走りで向かった。

綾さんは普段どおり、ニコニコしている。

「綾さん大丈夫?」

「大丈夫ですか?綾さん。迷惑かけてごめんなさい。」

ママは綾さんの足にまとわりついて頭をこすりつけた。

僕も真似して頭をこすりつけてみる。

「二人ともごめんねー。もう大丈夫だからね。さぁ、今日はスペシャルメニューだよ!」

綾さんがタッパーからごはんを取り分け、おばさんは綾さんと自分のおにぎりを用意してから、魔法瓶からお茶を湯呑に注いだ。

 

 それぞれの準備が整うと、綾さんとおばさんは足湯に足を浸した。そして綾さんの号令。

「それじゃ、いただきます。」

「いただきます。」

「いただきます。」

「いただきます。」

綾さんとおばさんは合掌してからおにぎりを食べ始めた。僕らのごはんは鮭と野菜の蒸し煮のようなものだった。とてもおいしそうだ。しかし、僕もママも食べはじめなかった。しばらくボーっとお皿を眺めていると

「どうしたの?これ、嫌いかしら…。」

綾さんが少し心配そうな顔をしてこちらを見てくる。それを見てママが

「坊や、いただきましょう。綾さんが作ってくれたごはんよ。」

「うん。今日はゆっくり味わって食べるよ。」

ようやく僕たちは食べ始めた。

「どう?おいしい?嫌い?」

綾さんが聞いてくる。

「おいしいです。」

「おいしいよ、綾さん。おいしい…。」

味は多分本当に美味しかったんだろう。けれど僕にはごはんの味はほとんどしなかったし、いつものようにしっかりとミキサーで細かくしてあるのだけれどいつもよりも飲み込み辛さを感じていた。普段ならばごはんとなればガツガツと一瞬で食べてしまうのに、一口一口噛みしめるようにゆっくりと時間をかけてごはんを食べた。

 そして食べ終わるといつもよりも多く何度も何度もお皿を舐めた。

「ごちそうさまでした。」

この言葉を少しでも先延ばしするように。

しかし時と言うのは無情なもので。その時はやってくる。



次話⇒<第22話



※本作品は小説投稿サイト「小説家になろう」に同時投稿しています。
http://ncode.syosetu.com/n2762de/ 



吾輩は猫タイトル画像
 

【ライトノベル】吾輩は猫になっちゃった(仮 第20話

<<これまでのお話>>

はじめに


第1話><第2話><第3話><第4話><第5話

第6話><第7話><第8話><第9話><第10話

第11話><第12話><第13話><第14話><第15話

第16話><第17話><第18話><第19話



<<第20話>>



 僕たちはおばさんが白い軽トラックに乗って帰って行くところを見送ると、トイレ経由で押入れに戻り、食後のグルーミングをした。

 

 何から話せば良いのだろう。

 

 グルーミングをしながら何から話すべきか、どう説明すべきかずっと考えていた。しかしあまり考えていると、食後だしすぐに眠くなってしまう。とにかく早く話さなければ。

 

「ママ。」

「何?坊や。」

「あのね、お話しがあるんだけど。」

「何かしら。お話しって。」

「驚かないで聞いてほしいんだけど…。」

ふー。と一旦深呼吸してから僕はママの目をまっすぐに見て話し始めた。

「ずっと話すかどうか迷ってたんだ。…実はね。僕、人間の生まれ変わりなんだ。」

「え?人間?」

ママは首を一瞬かしげる。

「僕はね、ママに産んでもらう前、人間だったんだよ。」

「そうなの…。」

もっと驚くかと思っていたけれど、ママがそれほど驚かなかったことに逆に驚く。

「あれ?びっくりしないの?」

「いいえ、ちょっとびっくりはしたけれど、なるほどね。と思ったのよ。」

「なるほどね…?」

「そう。私もいつか話さなきゃと思っていたのだけれど…。実はね、坊やを生む前の日。ふと目が覚めると目の前に神様がいたの。」

「神様…?」

「真っ白くて大きな猫の神様がね『サクラ。お前に使命を与える。』って言うのよ。」

「猫神様だ…。」

猫神様の顔が一瞬脳裏をよぎった。

「使命って何ですか?って聞き返すと、そのままぼんやり消えてしまったの。そして次の日、急にお腹が痛くなってこのまま私は死んでしまうのかしら。と思ったら坊やが生まれたのよ。」

「えええええええ!!」

僕の方がびっくりした。綾さんがママは不妊手術をしているので、僕はママの子じゃないと言ってから、僕を産んだのは別の猫かもしれないと思っていたからだ。しかしママは不妊の体で聖母マリアのごとく神の啓示とともに受胎し、翌日僕を出産したというわけだ。だから僕には父猫がいないし兄弟もいない。今までのモヤモヤが一瞬で晴れた。

「坊やは赤ちゃんなのにすぐにしゃべれるようになったし、頭は良いし、色々知っていたから。あなたは神様から授かった神の子だと思ってたのよ。」

「そうだったんだ…。」

「ごめんなさい。遮っちゃって。お話しの続きを聞かせて。」

「うん…。」

 

 僕はもう一度深呼吸をして話し始めた。

「僕はね、青山創太っていう人間の高校生だったんだ。」

「あおやまそうた…。」

「ここの、緑雲荘のじいちゃんとばあちゃんの孫なんだよ。」

「孫?」

ママは今度は本当に驚いたようで、その大きな目をより大きく見開いた。

「僕は、ここに人間のときに何度か来たことがあるんだ。ママとはほとんど会わなかったけれど。」

「おじいさん、おばあさんの孫…。」

「そう。男の子だよ。覚えてる?」

ママは目をつむって一生懸命思い出そうとしているようだ。

「親父がね、猫が大嫌いだったから、ママはいつも僕らのことを避けていたように思う。」

「ああ!思い出したわ!怖かったから近づかないようにして、遠くから見ていたわ。あの男の子が坊やなの…。」

「うん…。」

 

 そして僕は普通の男子高校生だったこと、自転車で転んでトラックに轢かれてしまったこと、三途の川に行ったこと、猫神様とのやりとりをママに話した。

「そうだったの…。私はあなたを生む使命、そしてあなたは猫として生きる試練を神様に授かったのね。」

「そうなんだ。」

「でね、大事な話がまだ2つあるんだ。」

「大事な話?」

「そう。大事な話。どうしてもママに話さなくちゃいけないんだ。」

一呼吸置いてからゆっくりと話しはじめた。

「まずひとつ目だけど。…ばあちゃんはもう亡くなっているんだよ。」

「えっ!?」

とママは口を半開きのまま絶句してしまった。

「ばあちゃんはね、去年の夏に運ばれた病院で亡くなったんだ。」

「うそ!だってお葬式だってしてないし!」

ママは少し興奮した感じで言い返してきた。先ほどまでとは打って変わって信じられないという顔をしている。

 

 それもそのはずだ。じいちゃんが亡くなった時は緑雲荘で葬儀をしたし、ママがじいちゃんの亡骸に悲しそうに寄り添っていたのを何度か見ている。しかし、ばあちゃんが亡くなった時、同じく緑雲荘で葬儀をしたのだがママの姿はどこにもなかった。当時はサクラは世話をしてくれる人がいなくなったので、もうどこかに行ってしまったのだろうと話していたのだが、この前綾さんの家にいる時、その理由に気が付いたのだ。

「ママがね、知らない人に何か食べ物をもらって、食中毒になって病院に行って、病院と綾さんのおうちに何日かいたでしょ?多分その時に、ばあちゃんのお葬式をしたんだよ。だからママが帰ってきたときにはもう、ばあちゃんはいなかった。もう、ばあちゃんはいくら待っても帰って来ないんだ。」

「…そうだったのね…。おばあさん…。ごめんなさい。」

ママの目からは涙が溢れてきた。ママはその涙を切るように強く瞼を閉じて、布団に顔を擦りつけるようにしてすすり泣いた。

「ママ…。」

なぐさめるようにママの顔をしばらく舐めていた。

 

 少しするとママは顔を上げた。

「ごめんなさい…。もしかしたら、そうなのかもしれないと思っていたのだけれど、信じたくなかったし、おばあさんを待つことが私の生き甲斐みたいになっていたから。」

「わかるよ…。」

「…いいわ。続きを聞かせて。」

「もう1つね。僕はね、東京までどうしても帰らないといけないんだ。」

「とうきょう?」

「うん。東京。そこに母ちゃんがいるんだよ。」

「人間のお母さんね?」

「そう。人間の。」

「そこは遠いのかしら。」

「うん。めちゃくちゃ遠いよ。」

「会いたいのね、お母さんに。」

「うん。会いたい。会いたいし心配なんだ。それにきっと東京へ行くのが僕の試練なんだと思う。」

「そう…。わかったわ。私が力になるわ。」

そう言うとママは僕を抱きしめた。

「ありがとう。ママ。」

 僕はママに抱きしめられたまま眠りに落ちていった。

 

 目覚めると、二人で交互に僕が人間だった時のことや、じいちゃんばあちゃんのことなどをいっぱい話した。じいちゃんやばあちゃんの話は懐かしくもあり、少し悲しくもあった。僕が全く知らないじいちゃんとばあちゃんのエピソードがいっぱいあったし、二人がママのことをまるで我が子のように愛し、可愛がっていたことが本当によくわかったからだ。

 

 それから、僕らはこれからどうするべきか話し合った。ママはばあちゃんが帰って来ないとわかった今となっては、緑雲荘が名残惜しくはあるけれど、ばあちゃんを待つ必然性が無くなったので、いつ旅立っても良いということだった。

 

しかし課題がいくつか出てきた。

 

 まず第1の課題。それは毎日僕らの面倒を見て倒れてしまった綾さんに負担にならないようにする。ということ。
 第2の課題は、綾さんに心配をかけずにいかにして綾さんのもとから旅立つかということ。きっと綾さんはいきなりいなくなったら心配して僕らを探すに違いない。

 そして最大の課題は、どうやって東京まで行くのか。ということだった。

 

 しかし、一人で思い悩んでいるよりも二人で考える方がやはり良いアイディアというのは出るもんで。二人よればもんじゅの知恵!ん?

 

 こうして僕らはある作戦を思いつき、実行に移すことになる。



次話⇒<第21話


※本作品は小説投稿サイト「小説家になろう」に同時投稿しています。
http://ncode.syosetu.com/n2762de/

吾輩は猫タイトル画像
 

【爆笑】厳選!猫パンチGIF特集(猫GIF動画5枚)

猫ちゃんの必殺技。猫パンチ。

その猫パンチに磨きをかけるべく特訓する猫ちゃんも?

今日はそんな猫ちゃんたちの猫パンチ動画(GIF)を集めてみました。

(スマホなどの場合は画像をタップしてご覧ください)


こちらの猫ちゃんはトレーニング中ですか?
046_boxing_cat_gifs

ゴミ箱から出た筒がもうパンチングボールのようにしか見えませんwww


そしてこちらの猫ちゃんはゴミ箱の蓋で。。。
400x300xf84799211ca001dc375f55cc

リズム感が大事!!

いいですね、ごみ箱トレーニングwww 


そしてこちらの猫ちゃんはシャドー中。。。
215x215xaff90a645c0818de94d9d913
 
右ニャ!左ニャ!! そしてフックニャーーー!!!


こちらの猫ちゃんはトラのぬいぐるみで。。。
4f893bd9

右も左もうまいこと使い分けるんですなぁ!!


こうして鍛えられた猫パンチの究極奥義がついに炸裂!!
7ea1a617

ニャン斗百裂拳!!

あたたたたたたたたたたたたたた!!!!!

あなたはケンシロウですか。。。

もはや勝てる気がしませんwww
最新記事
最新コメント
ブログランキング参加中
応援して下さるとうれしいです にほんブログ村 猫ブログ 猫動画へ にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ
記事検索
猫の命を救う活動
メッセージ
スポンサードリンク

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ