ぬこモフ

猫に関するまとめサイト。猫GIF、猫動画、猫の飼育、里親募集、殺処分ゼロへの取組み、TNRなど猫に関する情報を発信しています。

工場猫物語

   ● 【ボランティア】アニマルフレンドシップ(神奈川県川崎市)
   ● 【ニュース】殺処分ゼロへ!ボランティアの地道な活動が行政を動かす!!


【ボランティア】アニマルフレンドシップ(神奈川県川崎市)

アニマルフレンドシップは

『地球は全ての生命のもの、人間と動物、
そして自然との共存・共生』
をテーマに

川崎市にある公園をメインに活動している野良猫を対象とした

動物愛護活動をしているボランティア団体です。


この団体を知って興味を持ったのは僕がTwitterで知り合った方が

アニマルフレンドシップから譲渡された猫の里親さんだったこと、

そしてアニマルフレンドシップの活動を綴った

『工場猫物語』という本を薦められたのがきっかけです。

koujouneko
アニマルフレンドシップのトップページ右上のリンクから
amazonで購入すると購入代金の3%が活動資金に還元されます。


『工場猫物語』は宮城さんというご夫婦が

川崎の工場地帯にある人工島の公園に住む野良猫の餌やりから

去勢避妊手術、保護などの活動を記録したドキュメンタリーです。


宮城さんご夫婦の野良猫の愛護活動に至るまでの経緯や活動内容

幼い命との別れ、心の葛藤などが記されており、涙なくしては読めない良書です。

※ちなみに本書にはTNR事業を推進するどうぶつ基金の

前会長で現顧問の山口武雄獣医師も登場します。

どうぶつ基金に関する記事はこちら


この本に登場する宮城さんご夫婦が、主催しているのが

アニマルフレンドシップです。


アニマルフレンドシップは現在川崎市にある公園をメインに活動しており、

地域の方々の苦情が増えないよう、地域と密着して地域猫活動

(野良猫の実態把握、管理、保護、不妊去勢手術、餌やりのマナーなどの推進、啓発)

や里親募集、譲渡会などの活動をしています。


tnrsiohama
ホームレスが飼えなくなった猫たちの保護、TNR

takaokakoneko
譲渡会で里親さんを待つ保護猫たち


過去に『動物処分センター』とも揶揄された川崎市の動物愛護センターが

現在殺処分ゼロに向けて先進的な取り組みを始めたのは

アニマルフレンドシップをはじめとしたボランティア団体、獣医、

個人の協力、活動なくしては無しえなかったと言えるでしょう。


この素晴らしい活動は、全国でも良いモデルケースになると思います。

ボランティア団体ですのでご苦労も絶えないと思いますが

この活動を微力ながら支援していきたいと思っています。


アニマルフレンドシップのホームページ 
http://www.animalfriendship.jp/

アニマルフレンドシップのブログ『前略、里親様』
http://animalfriendship.cocolog-nifty.com/blog/ 

アニマルフレンドシップのTwitter
https://twitter.com/animal2008/

【ニュース】殺処分ゼロへ!ボランティアの地道な活動が行政を動かす!!

川崎市と言えば、「工場猫物語」の宮城さんが大変苦労して保護活動をされてきた自治体で、宮城さんはじめ、保護団体、ボランティア、個人がかなり苦労されて日夜奔走され、行政へ働きかけてきた自治体です。
その活動が実を結んだというのは本当にすばらしいです!!
まだまだ最初の一歩かもしれませんが、これからの川崎市の活動に注目したいところですね。

川崎市が犬や猫の「譲渡会」月1開催へ

カナロコ by 神奈川新聞 7月11日(土)7時3分配信

 殺処分ゼロ継続へ-。川崎市は、市動物愛護センター(高津区)や動物愛護団体などが保護した犬や猫の「譲渡会」を月1回の定期開催としてスタートさせる。動物愛護意識の高まりや市とボランティアとの協働をより推進させるのが狙いで、同センターの犬の殺処分ゼロ継続にもつなげる。毎月第3日曜の午後2~4時で、初回は7月19日に同センターで行う。

 迷い犬や飼育できなくなった犬などを保護する同センターは2013、14年度、2年連続で犬の殺処分ゼロを達成した。猫も13年度の54匹から14年度は12匹にまで大幅に減少。同センターは登録の動物愛護団体や個人ボランティアらと協力して犬や猫の譲渡先を見つけており、元の飼い主への返還に加え、新たに飼育を始める市民らへの譲渡成功が奏功したという。

 これまで不定期に開催していた譲渡会(年7回)での引き取り数を含め、犬74匹、猫260匹(いずれも14年度)が新たな飼い主が見つかった。同センターは、新たに動物を飼おうとしている市民に「センターや団体から譲り受ける」という選択肢があることを知ってもらいたいとしている。

 譲渡希望者には、居住場所やその状況など条件がある。問い合わせは、同センター電話044(766)2237。

引用元 yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150711-00002351-kana-l14 

最新コメント
ブログランキング参加中
応援して下さるとうれしいです にほんブログ村 猫ブログ 猫動画へ にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ
記事検索
猫の命を救う活動
メッセージ
スポンサードリンク

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ