ぬこモフ

猫に関するまとめサイト。猫GIF、猫動画、猫の飼育、里親募集、殺処分ゼロへの取組み、TNRなど猫に関する情報を発信しています。

地域猫

   ● 【許せない!】猫8匹毒殺か?横浜の住宅街「地域猫」けいれん起こし吐き苦しむ
   ● 【ニュース】飼い主いない『地域猫』カレンダー 殺処分ゼロへ 福岡の市民団体
   ● 【地域猫】地域猫って知ってますか?
   ● 【ボランティア】アニマルフレンドシップ(神奈川県川崎市)
   ● 【ニュース】野良猫に全国初の京都“エサやり罰金”も賛否両派から「現実的に無理!」


【許せない!】猫8匹毒殺か?横浜の住宅街「地域猫」けいれん起こし吐き苦しむ

 神奈川県横浜市中区で猫が相次いで不審死していたことが3日、県警山手署への取材で分かった。

 同署によると、9月3日に住民から「今にも死にそうな猫を病院に送った」と通報があり、捜査した結果、8月26日から10月15日の間に少なくとも8匹の猫が不審な状態で死んでいることが判明。「8月末以前にも死んだ猫を見た」と話す住民もおり、数はさらに増える可能性がある。

 死んだのはいずれも閑静な住宅街の一角にある小港町3丁目周辺で、住民が避妊・去勢手術をし、餌を与えている「地域猫」。うち6匹はけいれんを起こして弱っているところを近隣住民が発見、病院に運ばれたが数日以内に死んだという。他の2匹は死骸で発見された。8匹とも外傷はなく、同署は毒殺の可能性があるとみて、猫の解剖や血液検査を進めている。

 付近の電柱には「猫の不審死があいついで見つかっております。不審者を見かけた方は警察までご連絡下さい」と、ボランティアによる警告文が貼られた。捜査では、周辺で毒物がまかれた痕跡や、有害な植物は見つかっていないという。不審者の目撃情報もなく、原因の究明を急いでいる。

 近所で「地域猫」を世話している女性(79)は「けさ、猫たちの寝床の物置に、見たことのない黄色い2センチくらいの固形物を吐いた跡があった。今は元気だけど、変なものを食べたのかも」と不安げに話した。住民の男性(65)は「路上に猫のふんが落ちていることもある。近所にいる猫をよく思ってない人もいたのでは」と語った。

 ▽地域猫 特定の飼い主ではなく、その地域の住民が共同で飼育と管理をしている猫で、住民が餌やり、ふんの清掃、繁殖防止のための避妊手術、猫に関する住民同士のトラブル解消などの活動を行う。この活動は、TNR(Trap=わなで捕まえる、Neuter=避妊手術、Return=元にいた場所に戻す)とも呼ばれ、97年に横浜市磯子区の住民が、野良猫を増やさないようにと共同で世話をするようになったことがきっかけで、全国的に広まったとされる。

配信:2015年11月4日 05:30
引用元:スポニチ

地域猫活動が普及しつつある中、最近動物虐待のニュースが絶えないのは本当に残念です。

とくに毒殺されたのはすでに不妊手術などを済ませた地域猫です。

この地域にこの活動を快く思っていない人がいたということなのでしょうか。

本当に残念でなりませんし、犯人には早く捕まってもらいたい。

また、このような事件がまた起こらないためにも猫嫌いな人への対応策が必要だと思います。

①猫よけの方法についての周知
 国立市資料
②地域猫活動の周知
③行政の協力(地域猫活動の広報や支援、パトロール)
④動物愛護法の罰則強化 など 

また、殺鼠剤など人間にも有毒な毒物が子供でも簡単に手に入れられる現状は問題ではないでしょうか?
※今は100円ショップなどでも購入できます。

少なくとも購入は記名制にし、購入者を照会できる仕組みを作る必要があると思います。 

毒餌に関しては犬が散歩中に食べてしまって重篤になるケースもありますので、周囲の方は猫は外に出さない。犬の散歩のときは十分注意してください。 

【ニュース】飼い主いない『地域猫』カレンダー 殺処分ゼロへ 福岡の市民団体

春日市や大野城市、福岡市南部などで飼い主のいない猫を地域で保護、管理する活動に取り組む市民団体「ねこともの会」は、会員たちが世話している「地域猫」の写真を収めた2016年版カレンダーを制作した。1部千円(税込み、送料別)で販売し、会の活動資金に充てる。


 同会は猫の殺処分をなくそうと08年に発足。公園や路地などにすむ猫に繁殖制限(不妊・去勢)の手術を施した上で定時にえさを与えるなど「地域猫」として管理するほか、子猫などを希望者に飼い猫として譲渡する活動を行っている。
 発足後、今年3月までに繁殖制限手術を施した総数は465匹、譲渡した総数は457匹に上る。今年3月現在、23カ所で207匹を地域猫として管理。ほかに150匹余りを会員が自宅で保護しているという。
 カレンダーはA4判カラー刷り。同会や、粕屋地区で地域猫活動に取り組む「かすやねこ」の会員たちが撮影した地域猫の写真約40枚を収めている。どの猫も繁殖制限の手術を施した証しとして耳先がV字に切除されている。表紙に「吾輩(わがはい)は『地域猫』である」、裏表紙に「家はないがご飯は毎日もらえる 繁殖制限の手術も受けた ケンカをすることも遠出をする必要もなくなった」「先に逝ってしまった仲間の分まで 長生きしてやりたいものだ」とつづられている。
=2015/10/29付 西日本新聞朝刊=

【地域猫】地域猫って知ってますか?

殺処分される犬猫は年々減ってきてはいますが、とはいえその数はいまだ膨大です。

平成25年度の犬猫の殺処分数は12.8万匹。

そして猫の殺処分数は約10万匹です。

犬よりも猫の方が多いんですね。

これは現在、野良猫が野良犬よりも多いということだと思います。
※環境省統計資料 

そもそも地球は人間のためにあるものではありませんよね?

動植物にも生きる権利はあります。

それが人間のエゴで殺されるというのは悲しいことですね。

犬猫の殺処分を減らす活動として 『地域猫活動』というものが全国に広がっていますが、今回は『地域猫』についてもっと一般の方にも知ってもらいたいと思い、記事にしました。

1.地域猫とは

地域猫の定義をするならば

①地域での協力のもと、飼われている外猫。
②お世話・管理をする人・団体がいる。(餌・トイレ・病院など)
③原則的に去勢・避妊手術がされている。

以上3つを満たした猫と言っていいと思います。

単なる野良猫ではないんですね。


2.地域猫が生まれた理由

野良猫に対して嫌悪する人がいます。

それは糞尿の被害にあったり、繁殖期の「さかり」の鳴き声がうるさい。と言ったものが主な理由だと思います。

一時期は猫よけとして水を入れたペットボトルを庭先や玄関に置くのが流行りましたよね?


また猫は年間に10匹程度の子猫を産むため、野良猫が増えすぎて困っているということもあるでしょう。

野良猫を嫌悪する人たちは野良猫を保健所や動物管理センターに持ち込みます。

すると、猫は一定期間保護されたのち、飼主が見つからないと殺処分されてしまいます。

とくに子猫の場合は殺処分されたり自然死してしまうことが多く、その割合は約60%にもなります。


そこで、不幸な野良猫を増やさぬよう生まれたのが「地域猫」です。


3.TNR

TNRとは、捕獲機で捕獲し(TRAP)、不妊手術をし(Neuter)、猫の住み慣れた地域に戻す(Return)の略です。

TNR2


不妊手術をすることで、野良猫を増やさないというのがこの活動の主目的です。
※よって、TNRは地域猫活動の一部ではありますが、TNR=地域猫活動ではありません。

また、不妊手術することで、野良猫の感染症予防にもなりますし、繁殖期のさかりや攻撃性が無くなるため地域になじみやすいおだやかな猫になります。

手術された地域猫はその証として、だいたい耳にしるしがあります。

TNRを推進する公益財団法人のどうぶつ基金では野良猫の不妊手術を行っています。

どうぶつ基金では不妊手術の際に猫の耳先をカットします。

麻酔の効いているうちにカットするんですね。

耳先がさくらの花びらのようなので、「さくらねこ」という通称があります。

この手法はヨーロッパでは主流のようです。

201007191100347da


京都市では耳にIDを記した入れ墨を入れます。

300mati
緑色に見えるのがIDの入った入れ墨。

自治体によってはマイクロチップを入れるところもあるようです。

耳先カットが後ろからもわかりやすく、認識しやすいため、一番良い手法だと思います。
不妊手術のしるしがないため、すでに不妊手術されている猫が2度も手術をするはめになることなどがたまにあるそうですからね。


4.地域猫の課題

①認知率の低さ
地域猫はまだまだその認知率は低いと思います。
それにより、管理された猫であるにも関わらず、いまだその認知率の低さからお世話をする人を非難する人も少なくありません。

②無責任な餌やり
単に餌やりだけをして、後片付けをしない、その他のお世話をしないなど無責任な人もいます。
餌やりが問題なのではなく、その後が問題です。
餌を放置すると不衛生なだけではなく、猫の感染症拡大の原因にもなります。
また糞尿被害も拡大してしまいます。
京都市では先ごろ野良猫への餌やりが罰金対象になる条例が施行されました。この条例には賛否ありますが、僕は無責任に餌やりをする観光客が問題だと思っています。

③地域の協力を得るむずかしさ
近年では核家族化、高齢化、単身世帯も増え、地域のつながりも希薄になってきました。
地域活動も昔に比べ、なかなか協力を得るのが難しい状況になってきています。

④猫の遺棄
ペットが飼えなくなったからと言って遺棄する人が後を絶ちません。
また繁殖業者の多頭崩壊や遺棄も野良猫や殺処分を増やす原因となっています。


5.僕たちのできること

①地域猫活動をもっと知ってもらう⇒SNSなどで拡散する

②自治体、地域の人たちに理解を得て、協力を仰ぐ

③無責任な給餌はしない。
その猫にはお世話している人がいるかもしれません。
そしてお世話するなら責任もって!
後片付けはもちろんですが、トイレや病気のケアもしましょう。
無責任な餌やりが反感を買い、感染症になったり殺処分される不幸な野良猫を増やします。

④TNRを推進する⇒活動の認知拡大、ボランティア、団体の支援
どうぶつ基金

⑤猫嫌いな人への対策
国立市資料 

⑥ボランティア活動への参加

⑦猫を飼うならば保護猫も検討する
ペットのおうち

この活動をもっともっと普及させて、猫にとっても人間にとっても住みよい環境づくりをしていきたいですね!! 

【ボランティア】アニマルフレンドシップ(神奈川県川崎市)

アニマルフレンドシップは

『地球は全ての生命のもの、人間と動物、
そして自然との共存・共生』
をテーマに

川崎市にある公園をメインに活動している野良猫を対象とした

動物愛護活動をしているボランティア団体です。


この団体を知って興味を持ったのは僕がTwitterで知り合った方が

アニマルフレンドシップから譲渡された猫の里親さんだったこと、

そしてアニマルフレンドシップの活動を綴った

『工場猫物語』という本を薦められたのがきっかけです。

koujouneko
アニマルフレンドシップのトップページ右上のリンクから
amazonで購入すると購入代金の3%が活動資金に還元されます。


『工場猫物語』は宮城さんというご夫婦が

川崎の工場地帯にある人工島の公園に住む野良猫の餌やりから

去勢避妊手術、保護などの活動を記録したドキュメンタリーです。


宮城さんご夫婦の野良猫の愛護活動に至るまでの経緯や活動内容

幼い命との別れ、心の葛藤などが記されており、涙なくしては読めない良書です。

※ちなみに本書にはTNR事業を推進するどうぶつ基金の

前会長で現顧問の山口武雄獣医師も登場します。

どうぶつ基金に関する記事はこちら


この本に登場する宮城さんご夫婦が、主催しているのが

アニマルフレンドシップです。


アニマルフレンドシップは現在川崎市にある公園をメインに活動しており、

地域の方々の苦情が増えないよう、地域と密着して地域猫活動

(野良猫の実態把握、管理、保護、不妊去勢手術、餌やりのマナーなどの推進、啓発)

や里親募集、譲渡会などの活動をしています。


tnrsiohama
ホームレスが飼えなくなった猫たちの保護、TNR

takaokakoneko
譲渡会で里親さんを待つ保護猫たち


過去に『動物処分センター』とも揶揄された川崎市の動物愛護センターが

現在殺処分ゼロに向けて先進的な取り組みを始めたのは

アニマルフレンドシップをはじめとしたボランティア団体、獣医、

個人の協力、活動なくしては無しえなかったと言えるでしょう。


この素晴らしい活動は、全国でも良いモデルケースになると思います。

ボランティア団体ですのでご苦労も絶えないと思いますが

この活動を微力ながら支援していきたいと思っています。


アニマルフレンドシップのホームページ 
http://www.animalfriendship.jp/

アニマルフレンドシップのブログ『前略、里親様』
http://animalfriendship.cocolog-nifty.com/blog/ 

アニマルフレンドシップのTwitter
https://twitter.com/animal2008/

【ニュース】野良猫に全国初の京都“エサやり罰金”も賛否両派から「現実的に無理!」

野良猫に全国初の京都“エサやり罰金”も賛否両派から「現実的に無理!」
週プレNEWS 8月24日(月)6時0分配信

野良猫の糞(ふん)害が、社会問題になっている。

京都市は7月1日から「動物との共生に向けたマナー等に関する条例」、いわゆる野良猫への“エサやり禁止条例”を施行した。違反者には5万円以下の罰金を科すという(罰金は10月1日より)。

京都市の中でも野良猫による糞害が特に大きいとされているのが、観光名所でもある哲学の道だ。住民が語る。

「この辺りには50匹くらいの野良猫がいるんじゃないでしょうか。これほどまでに数が増えたのは、観光客や猫好きな人がエサを与えるようになったことと、3、4年前に近くの民家が空き屋になり、そこに野良猫たちがすみついて、子猫を産んでいるからです」(糞害住民Aさん)

「毎日のように庭先に糞尿をされます。ホームセンターで買った、猫が近づかなくなる薬をまきましたが、慣れてしまったのかまったく効果がありません。知人は超音波で猫を撃退する機械を設置しましたが、超音波が当たらない一角を狙って糞をされるそうです」(糞害住民Bさん)

しかし、エサやり禁止条例が施行されたことで、そんなつらい日々からも解放されたのでは?

「いやいや、状況はまったく変わっていませんよ。野良猫にエサをやる人は以前と同じようにやっています。そりゃそうですよ。市役所は『エサやりは構いません。その代わり、糞の始末もしてください』と言ってるわけですから」(糞害住民Cさん)

実は、京都市が施行したのは厳密には「エサやり禁止」ではなく、「エサをやる人は糞の始末もしろ」という条例だったのだ。そこで、京都市の担当者に話を聞いてみた。

「ルールを守って適切なエサやりをしてくださいということです。猫のした糞がその人がやったエサがもとになっているのなら対処していただく必要があります。野良猫が移動するのはわかりますが、例えば、お隣の庭に糞をしたなら、そこに出向いて掃除をしてほしい」(京都市保険福祉局)とのこと。

しかし、どこに行くかわからない猫を追いかけるのは大変だし、その猫のした糞が自分の与えたエサによるものかを判断するのは難しい。なんとも現実味のない条例だ。

「『野良猫の糞害をなんとかしろ』という住民の苦情に対して、市役所は何かしなくてはいけない。でも、動物愛護団体を刺激したくないので『いろいろやってますよ』というポーズにしか見えません」(糞害住民Dさん)

一方、エサをやっている人たちは、この条例をどう思っているのか。

「エサをやるなら、その猫がする糞まで処理しろというのは現実的に無理。それよりも猫専用のトイレでも作ったほうがまし」(野良猫にエサをやっていたEさん)

「中途半端な条例を作るくらいなら民間のボランティア団体がやっているような不妊去勢手術を市が先頭に立って積極的にやるべきだよ」(野良猫にエサをやっていたFさん)

と、エサをやる人たちからもこの条例は悪評のようだ。京都市の条例は「糞害住民」vs「エサをやる人」のケンカを解決するものと期待されていたが、結局は両者にいい顔をしようとした「京都市」vs「糞害住民+エサをやる人」という構図になってしまったようだ。

(取材・文・撮影/ボールルーム)

引用元:Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150824-00052442-playboyz-soci


この問題観光客などで餌だけあげる人たちにももっと訴求しないといけないですね。

日光のサル害と同じケースです。

かわいいからと言って餌をあげる。その後のことは知らない。

こんな無責任な人たちが殺処分を助長させています。

どんなに地域の人(行政、住民、ボランティア、獣医)ががんばっても

他の地域から来る人たちが状況を悪くしているケースかもしれません。


記事を読むと京都市が非難されていますが

実際に調べてみると、殺処分数はまだまだ多いものの

行政としては京都市はがんばっている方かもしれません。


京都市では『まちねこ活動支援事業』と題して

不妊去勢手術を無償支援しているようです。
http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000116898.html

不妊去勢手術された子は耳にナンバリングの入れ墨がされます。

さくらねこ(耳カット)とはまた違ったやり方なんですね。

300mati
引用元:京都市ホームページ
http://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000132184.html
緑色に見える耳が去勢避妊のナンバリングがされた証し


あとは糞害に悩む地域住民が猫を虐待・虐殺しないよう、猫よけ対策へ

支援しても良いかもしれないですね。

※以前も記載しましたが、国立市が作成している「猫が庭に入らない方法」
http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/008/508/nekoganiwanihairanakunaruhouhou.pdf


これまでの京都市の地域猫活動への取組みを見てくると

この条例は一概に非難できませんし、観光地であるという特徴を考えると

むしろ方向性としてはしょうがないものかもしれません。


和歌山県でも近々餌やり禁止条例が議論されますが、

単なる餌やりに対する罰則強化にだけならないように期待したいです。

やるならばむしろ動物遺棄、繁殖業者に対する罰則強化、

監視強化なども同時に行っていただきたい。



SNSが発達した現在、こうした取り組みへの理解、協力を得るべく

私たちも出来る限り情報発信をしていかないといけないですね!
最新コメント
ブログランキング参加中
応援して下さるとうれしいです にほんブログ村 猫ブログ 猫動画へ にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ
記事検索
猫の命を救う活動
メッセージ
スポンサードリンク

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ