ぬこモフ

猫に関するまとめサイト。猫GIF、猫動画、猫の飼育、里親募集、殺処分ゼロへの取組み、TNRなど猫に関する情報を発信しています。

殺処分ゼロへの取り組み

   ● 【里親・ボランティア】「しっぽゆらゆら写真展」開催中(仙台)
   ● 【犬の映画】ひまわりと子犬の7日間(amazonビデオ配信中)
   ● 【ボランティア】アニマルフレンドシップ(神奈川県川崎市)
   ● 【TNR】どうぶつ基金
   ● 【里親募集】里親カフェに行ってきた!(東京都品川区)


【里親・ボランティア】「しっぽゆらゆら写真展」開催中(仙台)

Twitterの心友が仙台市で保護猫活動やミルクボランティアをされているのですが、その活動の一環として、仙台市の動物管理センターアニパル仙台で譲渡された猫ちゃんたちの写真展をされています。

今月いっぱいまで開催中!!

22日月曜には特典があるかも??

お近くの方は是非足を運んでみてください♪

 <詳細情報>
アニパル仙台から譲渡され、ご家庭で幸せいっぱいに暮らしている猫たちの現在の写真を集めた「しっぽゆらゆら写真展」を以下の通り開催致します。
開催期間中、どなたでも無料でご覧いただけます。ご来場された方からの投票で受賞作品を決定致しますので、ぜひ皆様でアニパル仙台にお越しください。 

●日時
平成28年2月12日(金曜日)~2月29日(月曜日)
午前9時~午後3時
※期間中、ご自由に観覧頂けます。
※2月22日(ニャンニャンニャンの日)にご来場された方には特典があるかも?
 ●開催場所
 仙台市動物管理センター【アニパル仙台】
(宮城野区扇町6-3-3)

syasinnten-copy

【犬の映画】ひまわりと子犬の7日間(amazonビデオ配信中)

猫の映画ではなく犬の映画ですがとても良い映画なので。

殺処分の現状や保健所で働く職員の葛藤などが描かれており、犬や猫を飼っている人、これから飼おうと思っている人、特に子供たちに見てもらいたい映画です。

_SX200_QL80_

DVDもレンタルされていますが現在amazonビデオで配信中です。

amazonのプライム会員ならばパソコン、スマホ、タブレットなどで無料で見れます。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00GZCN4WS/ref=dv_web_wtls_list_pr_4_ba

ある冬の寒い日、母犬と生まれたばかりの子犬が保健所に収容される。
母犬は近寄る人すべてに激しく吠え、懸命に子犬を守ろうとしていた。
一犬たちの収容期間は7日間。その間に、新しい飼い主を見つけ、人に慣れた犬として渡さなければいけない。
彼は、母犬の強い母性から、母犬がかつて人に飼われ、愛されていたはずだと確信する。
そして、収容期間を延長するというルール違反をしてまで、必死に心を開かせようと奮闘するが、母犬は心を許さない。彰司の娘は、事故で亡くなった自分の母親と母犬の姿とを重ね、「子犬とお母さん、一緒にいさせてあげて」、と父親に懇願する。そして、もう一度太陽の下で生きていけるよう、母犬に「ひまわり」と名付けるが、その願いもむなしく、犬たちの命の期限は刻一刻と近づいていた──。
(c) 2013「ひまわりと子犬の7日間」製作委員会

出演: 堺雅人,中谷美紀 再生時間: 1 時間, 57 分

【ボランティア】アニマルフレンドシップ(神奈川県川崎市)

アニマルフレンドシップは

『地球は全ての生命のもの、人間と動物、
そして自然との共存・共生』
をテーマに

川崎市にある公園をメインに活動している野良猫を対象とした

動物愛護活動をしているボランティア団体です。


この団体を知って興味を持ったのは僕がTwitterで知り合った方が

アニマルフレンドシップから譲渡された猫の里親さんだったこと、

そしてアニマルフレンドシップの活動を綴った

『工場猫物語』という本を薦められたのがきっかけです。

koujouneko
アニマルフレンドシップのトップページ右上のリンクから
amazonで購入すると購入代金の3%が活動資金に還元されます。


『工場猫物語』は宮城さんというご夫婦が

川崎の工場地帯にある人工島の公園に住む野良猫の餌やりから

去勢避妊手術、保護などの活動を記録したドキュメンタリーです。


宮城さんご夫婦の野良猫の愛護活動に至るまでの経緯や活動内容

幼い命との別れ、心の葛藤などが記されており、涙なくしては読めない良書です。

※ちなみに本書にはTNR事業を推進するどうぶつ基金の

前会長で現顧問の山口武雄獣医師も登場します。

どうぶつ基金に関する記事はこちら


この本に登場する宮城さんご夫婦が、主催しているのが

アニマルフレンドシップです。


アニマルフレンドシップは現在川崎市にある公園をメインに活動しており、

地域の方々の苦情が増えないよう、地域と密着して地域猫活動

(野良猫の実態把握、管理、保護、不妊去勢手術、餌やりのマナーなどの推進、啓発)

や里親募集、譲渡会などの活動をしています。


tnrsiohama
ホームレスが飼えなくなった猫たちの保護、TNR

takaokakoneko
譲渡会で里親さんを待つ保護猫たち


過去に『動物処分センター』とも揶揄された川崎市の動物愛護センターが

現在殺処分ゼロに向けて先進的な取り組みを始めたのは

アニマルフレンドシップをはじめとしたボランティア団体、獣医、

個人の協力、活動なくしては無しえなかったと言えるでしょう。


この素晴らしい活動は、全国でも良いモデルケースになると思います。

ボランティア団体ですのでご苦労も絶えないと思いますが

この活動を微力ながら支援していきたいと思っています。


アニマルフレンドシップのホームページ 
http://www.animalfriendship.jp/

アニマルフレンドシップのブログ『前略、里親様』
http://animalfriendship.cocolog-nifty.com/blog/ 

アニマルフレンドシップのTwitter
https://twitter.com/animal2008/

【TNR】どうぶつ基金

どうぶつ基金という公益財団法人をご存じでしょうか。

不勉強な僕は実は最近まで知りませんでした。。。

どうぶつ基金バナー45x180

Facebookで知り合った方のシェアで初めて活動を知り、

感銘を受けたので、

もし知らない方がいたら知って欲しい。

周りに知らない方がいたら教えて欲しい。


そう思い、記事にしました。


どうぶつ基金は人とどうぶつが幸せに共生できる社会づくりを目指して活動している

公益財団法人です。


具体的には野良猫のTNR(Trap→Neuter→Return)つまり、

野良猫を捕獲して、不妊去勢手術をし、猫の住み慣れた、

猫のお世話をしてくれる人のいる元の場所に返すことによって

野良猫の繁殖を防ぎ、殺処分ゼロを目指すという活動を基軸としています。

TNR2

不妊去勢手術された猫の耳先は、麻酔の際に

不妊去勢手術された猫の証しとしてカットされます。

その耳が桜の花びらのように見えることから「さくらねこ」と命名されました。

sakuraneko



このさくらねこを増やすため

「さくらねこ無料不妊手術」を行政、地域ボランティア、団体、獣医と連携して行っています。


最近では世界自然遺産登録への取り組みとして、

鹿児島県徳之島の3町(天城町、伊仙町、徳之島町)と協働して

猫の捕食によるアマミノクロウサギ絶滅の保護措置のために徳之島に生息する

全ての猫のさくらねこTNR無料不妊手術を行う活動をしています。

徳之島ごとさくらねこTNR事業
http://blog.livedoor.jp/sakuramimimi/


この他にも全国各地の保健所等で行われている犬や猫の団体等譲渡制度を推進するために

里親募集活動を行っている団体又は個人活動家に1頭あたり5,000円の助成金を給付する

制度をなども実施しています。

■行政による犬猫の団体等譲渡事業推進のための助成金制度
http://www.doubutukikin.or.jp/activity/grant


この有意義な活動を支援しもっともっと多くの人に伝えていきたいです。


どうぶつ基金ホームページ
http://www.doubutukikin.or.jp/

どうぶつ基金Facebook 「いいね!」「シェア」で応援!
https://www.facebook.com/doubutukikin

どうぶつ基金ブログ 日々の活動をチェック!
http://doubutukikin2010.blog58.fc2.com/

どうぶつ基金をクリックで支援!-gooddo
http://gooddo.jp/gd/group/doubutukikin/ 

徳之島ごとさくらねこTNR事業特設ブログ
 
いのちつないだ❤ワンニャン写真コンテスト


◆ランキング参加中◆
クリックして応援して頂けると励みになります♪ (*'ω'*)ノシ
にほんブログ村 猫ブログ 猫動画へ にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 
 

【里親募集】里親カフェに行ってきた!(東京都品川区)

東京都品川区荏原1-24-1にある『里親カフェ』に行ってきました♪

DSC_0122

 『里親カフェ』と言っても、スイーツやお茶を提供している猫カフェではなく

 東日本大震災で被災したりして孤児になった猫ちゃん、

保護された猫ちゃんとの出会いの場として開設された言わばシェルターであり、

猫好きさんたちの集うコミュニティになっています。

普段は近所の子供たちも遊びに来るそう。

DSC_0123

入口で入場料がわりの寄付をして、手をアルコール消毒し、

いざ『里親カフェ』店内へ!!

僕が伺ったのは午後2時頃。

猫ちゃんたちは食事も終わってお昼寝タイムでした。

DSC_0087
入口入ってすぐのケージでお昼寝中の「カールおじさん」。モッフモフです♪


開店は2014年3月ということ。

自作のキャットウォークに加え、寄付してもらったというケージ、

キャットタワー、おもちゃなどで店内はかなり充実した猫ちゃんたちの楽園状態。

DSC_0095
DSC_0089

里親カフェは気さくでフランクでちょっと久保田利伸似のやぐちさん

という男性一人で運営されています。

この日里親カフェにいた猫ちゃんたちは全部で11匹。

今まで最大で同時に18匹の猫ちゃんがいたことがあるそうです。


「おひとりだと色々大変なのでは?」と伺うと

「これくらい全然大丈夫ですよ!」と笑顔の即答。

ボランティアでお手伝いしたいというお声もよく頂くそうなのですが

朝の清掃ボランティアさん以外は今はお断りしている状態なのだとか。

(実は僕もボランティアを申し出ようと思ったのですが。。。)
DSC_0097
やぐちさんにブラッシングしてもらう臆病猫のジャックくん。

DSC_0110
最近入店したというキジトラ兄弟。マジ天使!!

DSC_0114
寝起きをさっそくモフらせてもらいました♪

DSC_0081
お休み中のトラ。3本足のハンデにもかかわらず、里親カフェでは最強とのこと。

DSC_0082
黒猫のシュワくん。人なつこく大きな体をいきなりゴロン!!として
「撫でて」アピール!

DSC_0075
シュワ君と超仲良しの茶白のりゅう君。
「仲良しすぎるので出来れば2匹セットでもらってもらいたいんですよね。」
とやぐちさん。

DSC_0090
白猫の小雪ちゃん。とっても毛艶がいいのです。

 DSC_0104
ナデナデすると舐め舐めしてくれたキジトラのまるちゃん。


やぐちさんに各猫ちゃんの特徴やエピソードを教えていただいたり

たっぷり猫ちゃんたちをモフらせてもらい、あっという間に1時間半経過。

仕事のため泣く泣く退店することに。


「お帰り前にコロコロ使ってください。結構すごいことになってますよwww」

とやぐちさん。

ホントは服についた猫の毛をお土産にしたかった気持ちもあり、

最初は断ったのですが、ほど近い戸越銀座でお買物をして帰りたかったので

止む無くコロコロをお借りしましたw


やぐちさんとモフらせてくれた猫ちゃんたちに

「また来ますね!」と別れを告げ、里親カフェを後にしました。

次に遊びに来るまでにみんな里親さん決まってるといいなぁ。


【里親カフェ】
■住所: 東京都品川区荏原1-24-1
■電話: 03-6421-6023
■営業時間:11:00~18:00(最大20:00)

里親カフェのホームページ
http://www.satooya-cafe.org/ 


◆ランキング参加中◆
クリックして応援して頂けると励みになります♪ (*'ω'*)ノシ
にほんブログ村 猫ブログ 猫動画へ にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ 
最新コメント
ブログランキング参加中
応援して下さるとうれしいです にほんブログ村 猫ブログ 猫動画へ にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ
記事検索
猫の命を救う活動
メッセージ
スポンサードリンク

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ