猫の映画ではなく犬の映画ですがとても良い映画なので。

殺処分の現状や保健所で働く職員の葛藤などが描かれており、犬や猫を飼っている人、これから飼おうと思っている人、特に子供たちに見てもらいたい映画です。

_SX200_QL80_

DVDもレンタルされていますが現在amazonビデオで配信中です。

amazonのプライム会員ならばパソコン、スマホ、タブレットなどで無料で見れます。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00GZCN4WS/ref=dv_web_wtls_list_pr_4_ba

ある冬の寒い日、母犬と生まれたばかりの子犬が保健所に収容される。
母犬は近寄る人すべてに激しく吠え、懸命に子犬を守ろうとしていた。
一犬たちの収容期間は7日間。その間に、新しい飼い主を見つけ、人に慣れた犬として渡さなければいけない。
彼は、母犬の強い母性から、母犬がかつて人に飼われ、愛されていたはずだと確信する。
そして、収容期間を延長するというルール違反をしてまで、必死に心を開かせようと奮闘するが、母犬は心を許さない。彰司の娘は、事故で亡くなった自分の母親と母犬の姿とを重ね、「子犬とお母さん、一緒にいさせてあげて」、と父親に懇願する。そして、もう一度太陽の下で生きていけるよう、母犬に「ひまわり」と名付けるが、その願いもむなしく、犬たちの命の期限は刻一刻と近づいていた──。
(c) 2013「ひまわりと子犬の7日間」製作委員会

出演: 堺雅人,中谷美紀 再生時間: 1 時間, 57 分