動物虐待って本当に信じられない。

幼少期に虐待された経緯などがあるのかもしれないが、

命を軽々しく思う人間は最終的に人間にも危害を加える可能性が高い。

実際、猟奇殺人犯は必ずと言っていいほど動物を虐殺している。

警視庁には早くこの一件を解決してほしい。 

また、このような残虐性が高く、再犯性、犯罪のエスカレートがありそうな犯人に対し、

動物愛護法や器物損壊などでの処分では軽すぎると思うのは私だけではないはず。

猫の死骸、江戸川・北区でも

産経新聞 7月10日(金)7時55分配信

猫の死骸、江戸川・北区でも

 東京都内で不審死した猫が、相次いで見つかっている。8日には江戸川区で口から血を流すなどした4匹の死骸が見つかり、3日には北区で目がえぐられるなどした3匹の死骸を発見。4月以降、板橋区や練馬区でも首が切断された猫やハトが見つかっており、警視庁が動物愛護法違反容疑を視野に捜査している。


 小岩署によると、8日正午ごろ、江戸川区篠崎町の路上で、通行人から「猫が死んでいる」と110番通報があった。いずれも子猫とみられる4匹の死骸があり、外傷はなく、何匹かは口から血を流していた。


 3日午後7時ごろには、北区田端新町のコインパーキングで、猫3匹が死んでいるのを通行人が発見。滝野川署によると、子猫とみられ、目がえぐられ、後ろ脚が折れているような状態だった。

江戸川、北両区教委は全小中学校に、登下校時の安全確保や不審者への注意を電話やメールで通知した。北区の現場近くで1歳と4歳の娘を連れた30代女性は「いつもは手をつながないが、心配で手をつないでいる」と表情を曇らせた。北区教委の難波浩明教育指導課長(53)は「防犯パトロールを強化していることなどを伝えていきたい」と話した。 

引用元:Yahoo!ニュース 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150710-00000099-san-soci