ぬこモフ

猫に関するまとめサイト。猫GIF、猫動画、猫の飼育、里親募集、殺処分ゼロへの取組み、TNRなど猫に関する情報を発信しています。


【ライトノベル】吾輩は猫になっちゃった(仮 第17話

<<これまでのお話>>

はじめに


第1話><第2話><第3話><第4話><第5話

第6話><第7話><第8話><第9話><第10話

第11話><第12話><第13話><第14話><第15話

第16話



<<第17話>>


 僕とママは綾さんのいるリビングへと向かった。この部屋は先ほど入ってきたときに通った部屋だ。キッチン兼リビングになっていて、だいたい8畳くらいはあるのだろうか。寝室よりも若干広い感じがする。

 中央にはこたつ。キッチンの反対側にはテレビやDVDデッキ、本棚などもあるのだが、やはり質素な感じで無駄が無い。

 

 綾さんはこたつの脇にお盆を置き、その上にお水の器とママのごはん、僕のごはんを置き、自分のごはんをこたつの上に並べた。

「さぁ、食べて。ココアくん、まだ気持ち悪いかなぁ?食べれるかなぁ?」

綾さんはちょっと心配そうな顔をしている。

「大丈夫。もうお腹ペコペコだよ!」

と元気に答える。

「ん?どうしたの?いいよー。食べて。それともまだ気持ち悪い?」

僕が食べ始めないのを見て綾さんが言うが、実は僕たちは綾さんが着席して一緒にいただきますをするのを待っていた。

「綾さんも座ってください。」

ママが背筋を伸ばして言ったのに反応して綾さんが

「え?もしかして私を待ってるの?」

ちょっと驚いた顔をしてから

「ごめんごめん!」

と慌ててこたつに着席した。

「じゃ食べましょうか。いただきます!」

「いただきます。」

「いただきまーす!」

 

 3人で同時にごはんを食べ始めた。

「どう?おいしい?食べれる?」

と綾さんが食べながらこちらの様子をチラチラ伺う。

ママも

「坊や、ゆっくり食べてね。今日は痛かったでしょう。お注射したから気持ち悪くはないかしら?」

と時折声をかけてくれる。

「うん。大丈夫。おいしいよ!」

 やはりごはんはみんな一緒がいい。3人で顔を見合わせながら食事をするひとときというのは改めて格別な気がした。親父が死んでからというもの、食卓を3人で囲むことは無かった。母ちゃんは1人で2人分の仕事をしなければならず、日曜日以外ほとんど1人で食べていたからだ。なので食事と言うと、朝食はガツガツと猛スピードで掻きこんで一瞬で終わらせ、夕食はテレビを見ながらダラダラ食べる。というのがもっぱらだった。

 それに足湯で3人で食べるごはんも、オープンエアで気持ちいいし楽しいのだが、暖かい家の中でこうして3人で食べる食事はなんだかとてもありがたかった。

 僕はなんだかこの幸せなひとときをずっと味わっていたくて、いつもよりゆっくりと味わいながらごはんを食べた。

 

 そしていつものように「このお皿をもう洗わなくても使えますよ!」くらいキレイにペロペロ舐めたあと、僕とママはごちそうさまをした。

「良かった。ココアくん大丈夫そうね!」

「うん!全然大丈夫。ありがとう綾さん。ごちそうさまでした。」

 綾さんはまだ食事中だったので、僕たちは綾さんに寄り添うようにして食後のグルーミングをした。

 

 綾さんも食事が終わり

「ごちそうさま。」

と言うと、水の器を残して僕らの食器と自分の食器を片付けた。その手際の良さを見ていると

「綾さんは良いお嫁さんになるよなぁ。」

などと勝手につぶやいていた。

 綾さんは食器を洗いながらお湯を沸かし紅茶を淹れると、マグカップを持ってこたつに戻ってきた。

「さ、おいで。」

と綾さんがポンポンと両腿を叩く。

僕たちは足湯の時のように綾さんの左腿に僕。右腿にママが乗っかった。

綾さんは両手で僕たちを撫で、時折マグカップを口に運びながら話しかけてくる。

「今日は2匹ともお疲れ様でした。ココアくん痛かった?」

「うん。ちょっと怖かったよ。病院。それにさ、採血って首からするんだね。あれ超痛かったし!」

綾さんに猫語が通じないのはわかっていたが、僕は普通に綾さんの問いかけに答えた。

「痛かったよねぇ。ワクチンも打ったし。ぐったりしちゃう子も多いからね。もう大丈夫かしら。」

「うん。もう気持ち悪くないよ。」

「そう。大丈夫そうね。」

なんとなく会話がかみ合っている。

「明日一緒に病院に行って、採血の結果を聞いたら夕方にはおうちに帰ろうね。今日はここで1泊だけ我慢してね。」

「はい。」

「よし。じゃぁ暖かいおこたで暖まって。」

と綾さんはこたつ布団を持ち上げると、僕らをこたつの中へと導いた。

 こたつの中は真っ赤でとても暖かかった。食後にこの暖かさは反則だ。僕とママは一瞬で眠りに落ちてしまった。

 

 次に目覚めたのはドライヤーの音がきっかけだった。綾さんが食後にお風呂に入った後、髪を乾かしているのだろう…。って綾さんお風呂入ってたの!?早く言ってよ!

 居ても立っても居られなくなった僕はこたつの中でスヤスヤと眠るママを起こさないように静かにこたつの中から這い出して、ドライヤーの音のする方へと向かった。

 

 玄関を入ってすぐ左手のところに扉があり、少し隙間が開いている。どうやらそこからドライヤーの音が聞こえてくる。恐らくそこに洗面所とお風呂があるのだろう。僕は抜き足差し足、音を立てないように近づいて行った。

 綾さんは今、一体どんな格好をしているのだろう。バスタオルを巻いて髪の毛を乾かしている綾さんの姿を勝手に想像していたが、もしかしたら下着姿とかマッパ!なんてのもありうる!ありうるぞー!!僕は心臓をバクバクさせながら扉へと近づいていった。

 そして扉の前まで来ると、息を整えるように一度深呼吸して、隙間からゆっくりと覗きこんだ。

 するとそこには僕の期待にとんでもなく反して先ほどのスエット姿で洗面台の前に立ち、鏡を見ながら髪の毛を乾かす綾さんがいた…。

「オーマイガ―!遅かったかー!」

 頭を抱えてそうつぶやくと、猫神様が

「お前さー。ホント馬鹿だなー。」

とあきれた顔をしているのが一瞬脳裏にカットインした。

「いやいや、オーマイガ―とは言いましたけども呼んでませんよ猫神様…。これは思春期真っ只中の僕の試練なんですか…?」

「んなわけあるかーい!」

とツッコミ猫パンチをしてくる猫神様がまたカットインしてくる。

 

 もうこれ以上肩は落ちませんよ。と愕然として固まっていると、髪を乾かし終わったのか、ドライヤーを切ってコードをまとめていた綾さんが僕に気づいた。

「あれ?ココアくん。どうしたの?迎えに来てくれたの?」

「ええ。そうですよー。迎えに来たのですよー。決して覗きにきたのではありませんよー。」

「そっかぁー。ありがとう。」

綾さんはしゃがみ込んで両手で僕を抱き上げると、よしよしと言いながら石鹸のいい匂いのする胸元に抱きかかえて、再びこたつの方へと向かった。

 これはこれで悪くないぞ。

 僕は綾さんの胸元からあたりを見回した。 

 今までよりも視点が高いので、部屋の様子が良く見える。そしてテレビの上に時計があるのが目に入った。時刻はちょうど9時だった。

 綾さんは僕をこたつの中に入れると、何かを寝室に取りに行ってからまた戻ってきて、こたつの中に足を入れてきた。何やら作業をしているようだ。一体何をしているのか気になって、綾さんの足伝いにこたつの外に這い出す。

「ココアくん、暑いの?」

「いや、そういう訳じゃないけど。綾さん何してるの?」

「暑いのか。じゃ、ここにおいで。」

 うん。かみ合ってない。

 抱き上げられて、綾さんのお腹のあたりのこたつ布団の上に置かれるが、僕は気になったので少し乗り出してこたつの上の様子を見てみることにした。

 そこには分厚い本数冊とファイルとノートパソコンがあった。本には『小動物臨床ピクチャーテスト』『小動物の臨床検査』などと書かれている。

「明日提出だから今日中にこのレポート終わらせないといけないのよね。だから邪魔しちゃダメよ。」

「はーい。」

 綾さんはノートパソコンの電源を入れ、本やファイルのグラフを見ながらワープロや表計算ソフトをなどを立ち上げてものすごい勢いでタイピングをしはじめた。

 時折文章に差し込む画像は恐らく動物の皮膚や臓器の写真なのだろう。少しグロテスクなものまである。僕には何のことだかさっぱりわからなかった。

 綾さんめちゃくちゃ難しい勉強してんだなぁ。しかしそれに比べて僕ときたら、これほど真面目に勉強をしたことなんて一度もないよな。

 

 僕はそのものすごい勉強っぷりをただただ呆然と、眠気を帯びつつ眺めていた。

しかし、ふとした瞬間にとてつもないものを見てしまい僕の目は一瞬で覚めることになる。



次話⇒<第18話



※本作品は小説投稿サイト「小説家になろう」に同時投稿しています。
http://ncode.syosetu.com/n2762de/
吾輩は猫タイトル画像
 

【爆笑】猫とキャットスルーver.2(猫GIF動画9枚)

今連載中の『吾輩は猫になっちゃった』でも登場するキャットスルー。

ドアを閉めていても、いつでも猫や犬が出入りできるようになる便利な代物です。

今回は過去アップした動画に新しい動画も加え、新バージョンとしてお送りいたします。

(スマホなどの場合は画像をタップしてご覧ください)

まずはこちらの猫ちゃん。
tumblr_n8vqr5ezXx1tgx1goo1_250

猫『ん?あれ?』

お腹が引っかかって枠がはずれちゃいましたw

ちょっとうろたえてる感じが可愛いw


こちらはものすごい勢いで走ってくる猫ちゃんたち。
414b84e8

んもうドリフト状態www

そして1匹は部屋に逃げ込みますが、2匹はキャットスルーから逃げていきます。

何に追われているのか気になりますね。。。


そしてこちらは。。。
dd91d07a

超必死にもがきながらなんとか入ることができました。

ちょっとダイエットした方がいいんじゃないかなぁ。。。


こちらの猫ちゃんも。。。
Fat-cat-pet-door

猫『おいしょ!!んしょ!んしょ!んしょ!!ういういうい!!』

思ったよりデブにゃん!!


こちらは穴形式ですね。扉の下の穴から。。。
9b1752fc

猫『ん?あれ?なんだ開いてるのか。』

って。お尻から入ってくるのですかwww


こんな小さい穴から。。。
f7abf688

スゲー!!

猫ちゃんって驚くような狭い穴でもすり抜けますよね。

なんでも、髭がアンテナ替わりになっており、

髭が引っかからない隙間なら通れる。と判断するらしいです。


こちらは何やら怪しい雰囲気。。。
a3bbc7de
 
勢いよく飛び込もうとしたら、そこにはラップが。。。

飼い主さん。いたずらしちゃダメ!!


猫ちゃんが外の様子を伺っていると。。。
 Cat-peeks-legs

もう一匹キターー(゚∀゚)ーー!!

か、可愛い。。。 


こちら、キャットスルーから顔を出す犬に。。。
0e94bb1a

猫『こら!ダメ!帰りなさい!ダメってば!』

いきなりの訪問者も怖いですが、猫ちゃんばっちり撃退ですw

借家だと厳しいですが、持ち家だとキャットスルーあると便利ですね♪

【ライトノベル】吾輩は猫になっちゃった(仮 第16話

<<これまでのお話>>

はじめに


第1話><第2話><第3話><第4話><第5話

第6話><第7話><第8話><第9話><第10話

第11話><第12話><第13話><第14話><第15話


<<第16話>>

 バタン!という車のドアを閉める音で目が覚めた。

帰って来たのか…。ふぁーぁ。寝たなぁ。

と狭いキャリーケースの中で伸びをすると綾さんがキャリーケースを持ち上げて、歩き出した。

見た感じ辺りは暗く、すでに夜になっていた。しかしいつもの温泉や土や森の匂いがしない。どうやらここは緑雲荘の駐車場ではないみたいだ。

「ん?あれ?」

どこに連れてゆかれるのだろう。と不安になってキャリーケースの扉のところまで行き、よく見回してみる。どうやら住宅街のようだ。

「ここどこ?」

振り返ってママに尋ねる。

「坊やが注射を打ったから、今日はおうちに帰らないで綾さんのお家に泊まるのだそうよ。」

「そうなんだ。」

綾さんの家は確か酪農家だったはずだが、こんな住宅街の中にあるのだろうか。そう思いつつ外の様子を見てみる。

さすが夜行性の動物だけあって、暗くても見たいものにピタリとピントが合う。

そして、通りの向こう側にある看板が目に入ってきた。

「えーっと。なになに。大塚産業株式会社札幌支店…。と。ふむ。……ってなんですとー!さ、札幌ーっ?」

札幌-登別間が相当遠いのは知っていた。昔緑雲荘に遊びに来たときに、じいちゃんと車で札幌観光に来た事があるからだ。

 

そんな驚いてあたふたしている僕を尻目に綾さんはズンズン歩いた。そして2階建てのアパートらしき建物に着くと、綾さんは階段を上がり、あるところで立ち止まると一旦キャリーケースを地面に置いた。

その後鍵をガチャと回す音とドアを開ける音が聞こえる。

再びキャリーケースが持ち上げられると僕らは綾さんと一緒に部屋に入った。

「ただいまー。」

と言うが返事はないし真っ暗だ。

綾さんは玄関にある電気のスイッチをパチッと入れると靴を脱いでこたつのあるリビングダイニングキッチンを通り抜けて、引き戸の開け放たれたベッドの置いてある奥の部屋へと入っていく。

見た感じ、1LDKといった感じで、他には誰もいないようだ。

ということは、ここは綾さんの実家ではなくて、綾さんが一人暮らしをしている部屋なのだろう。

キャリーケースがグインと急に上昇したので、よろけていると、綾さんの顔が目の前に来てちょっとビックリする。

「ちょっと待っててね。」

と言うとキャリーケースが緑色のカーペットの床に下ろされた。

 

うー寒い。」

という綾さんの声のあとに、カチチチチチ…ボワッ。という音がして、部屋に灯油の匂いが充満する。どうやら石油ヒーターを点けたようだ。

ここが綾さんの部屋か…。しっかし、人生初にして女性の部屋というものにこういう形で来ることになるとは…。ちょっとドキドキしてきたぞっ!

などと思っていると、目の前にいきなり綾さんの足が現れた。 

何かモゾモゾしている音がする。

すると綾さんがさっきまで来ていた白いニットが向こうにあるベッドに投げ捨てられるのが見える。

「え?まさか。綾さん着替えてるの?」

と思った矢先、今度は足が動いてデニムが脱ぎ捨てられ、綾さんの生足が見える。

「ぬおぉぉぉーーー!!っということはっ!綾さんは今っ…!!」

僕はキャリーケースの扉に顔を擦りつけるようにしてみたり、地面スレスレから上をのぞき込もうとしてみたりしてなんとか綾さんの全体像を拝もうと試みたが、どうやっても綾さんの膝上くらいまでしか見えない…。全然見えない!

「うおぉーーー開けてくれよぉー!」

と監獄の中の囚人さながらに心の中で叫ぶも届くはずもなく。生足が僕の視界を1度2度通りすぎた。そして3度目に現れたとき、それはスエットを履いていた…。

「ごめんね、お待たせ。」

スエットの上下を着た綾さんが目の前にしゃがみ込んで扉が開けられる。

「綾さん…。順番逆。まず開けてから着替えてくださいね…。」

 

猫なのですでに落ちた肩を、気持ち的にガックリと落とした僕ママと一緒にキャリーケースから外に出た。

見回してみるとそこは6畳ほどの部屋だろうか、ベッドと机と本棚と箪笥があった。

女の子の部屋と言うと、ピンク系が多かったり、ぬいぐるみがいっぱいあるイメージだが、そんなものは一切ないようだ。白い壁に花や動物の写真が何点か飾られていて、家具は無垢の木目の家具で統一されて、結構あっさりしていた。なんかお洒落なカフェにいるみたいだ。

綾さんの部屋をもっと色々と見てみたかったが、寒かったので僕とママはとりあえず部屋が温まるまでヒーターの前で体を温めることにした。

「大きな声出しちゃダメだからね。わかった?」

「はーい。」

と二人で返事すると

「わかればよろしい。」

と言って綾さんはそそくさとキャリーケースの中のペットシーツを取り替えた。

 

そして今度は何やら段ボール2つとカッターを持ってきて段ボール箱を半分に切り始めた。

半分になった段ボール箱に入口となる切り込みを入れ、キャリーケースに敷いていた少しおしっこの匂いのするペットシーツを一枚と新しいペットシーツを敷き詰めると

「これがトイレね。」

と言って一旦僕たちに臭いを嗅がせると、部屋の隅に一つ置いた。

そしてもう一つ小さめの段ボール箱を半分に切ると、今度はそこにタオルを敷き詰めた。

「で、これがベッドね。今日はここで寝てね。」

と言って綾さんのベッドの脇に僕ら用の段ボールベッドを置いた。

綾さんは腕組みをしてそれらを一瞥すると、納得するように頷いて

「よし!できた!それじゃごはんにしよっか!」

とキッチンへと向かい、料理を始めた。

 

綾さんの後姿を見ていると、何から何までとにかく手際が良い。次に何をするか。どんな順番で取り掛かるのか。というのがすでに頭にあるのだろう。部屋に入った瞬間から止まることなく、無駄な動きを一切せずに動き続けている。

その様子を「スゲー…。」とボーっと眺めていると

「久しぶりに来たわ。綾さんの部屋。」

ママが部屋を見渡しながら言う。

「え?ママここに来た事があるの?」

驚いて聞き返す。

「ええ。おばあさんが帰ってこなくて、食べるものもお水もなくてね。何か飲まないと、食べないといけないと思って外に出て、水たまりの水を飲んだりしていたわ。そうこうしていると足湯のところに来た人たちが、お水や食べ物をくれたのよ。でも、ある時もらった食べ物の中に食べてはいけないものがあったみたいなのね。」

「食べてはいけないもの?」

「そう。人間は食べれても、私たち食べたら毒になるものがあるみたい。」

「へぇ…。そうなんだ。」

「吐いて、体が痙攣して、意識を失って。気が付いたら今日の病院にいたの。」

「そこで綾さんに会ったの?」

「そう。綾さんも驚いてたわ。もしかしてサクラちゃん?って。しばらく病院で過ごしてから、この部屋で綾さんと一緒にいたのだけれど、やっぱりおばあさんに会いたくておうちに帰りたくて。ある日ね、ずっと帰りたい帰りたい。って泣いていたら綾さん、怖いおじさんに怒られちゃって。うちはペット不可だからすぐにほかに持っていけ。って。」

「そうか、ここは本当はペットダメなんだ。」

「そうみたい。それで、車に乗っておうちまで送ってくれたの。それから綾さん、毎日おうちまでごはんを持ってきてくれるようになったのよ。」

「そうなんだ…。」

 

色々驚いていた。人間の食べ物でも猫が食べると毒になるものがあること。偶然にもママと綾さんが病院で出会ったこと。ママがここに来たことがあるということ。そして何よりも、綾さんがある日からずっとママにごはんをくれるためにここから緑雲荘までの距離を毎日2回も往復していたことだ。

恐らくかなり早い時間に起きてごはんを作り、緑雲荘に出向いてから学校へ行き、そして学校から帰ってはまたごはんを持って緑雲荘へ行き、帰宅する。そんな毎日なのだろう。

ガソリン代もバカにならないだろうし、何よりめちゃめちゃ時間がかかる。何時に寝て何時に起きているのだろうか。綾さんはなぜそこまで自分を犠牲にしてお世話をしてくれるのだろうか。

そんなことを考えていたら、あっという間にごはんが出来たようだ。キッチンの方から声が掛かかる。

「できたわよー!さぁごはんにしましょ!おいで!」



次話⇒<第17話


※本作品は小説投稿サイト「小説家になろう」に同時投稿しています。
http://ncode.syosetu.com/n2762de/
吾輩は猫タイトル画像
 

最新コメント
ブログランキング参加中
応援して下さるとうれしいです にほんブログ村 猫ブログ 猫動画へ にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ
記事検索
猫の命を救う活動
メッセージ
スポンサードリンク

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ